HOME >学校紹介 >キャリア教育

キャリア教育

茅ケ崎北陵高校では、生徒が将来の社会参加を視野に入れ、目的を持って勉学や活動に取り組むことができるよう、全校をあげてキャリア教育にとりくんでいます。ここでは、総合的な学習の時間の学習活動のうち、キャリア教育を進めるための取り組みを紹介します。

■ 社会人OB講話 ■

 平成28年6月22日、1年生対象の「キャリアガイダンス社会人編」が行われました。今年度講師としてお招きしたのは本校の22回卒業生で、市内で「とがの歯科医院」を開設された栂野博さんです。専門家としてデンタルケアの大切さをわかりやすく解説していただくとともに、時にはユーモアを交えながら高校時代の思い出や学習方法に関する具体的なアドバイスなどをしていただき、生徒にとって大いに参考になりました。

佐川光晴さん

〜栂野 博さん プロフィール〜

  1970年生まれ、1985年に茅ケ崎北陵高校入学(22回生)。在学中はサッカー部で活躍し、関東大会出場を果たす。1989年、鶴見大学歯学部歯学科入学。同大学卒業後、東京医科歯科大学歯学部附属病院に研修医として勤務。同附属病院の顎口腔機能治療部専攻生を経て、1998年東京医科歯科大学歯学部大学院に進学、2002年に歯学博士を取得。都内の歯科医院に勤務した後、2003年5月に茅ヶ崎市松浪にて「とがの歯科医院」を開設。 現在、
・一般社団法人 茅ヶ崎歯科医師会 常務理事
・一般社団法人 神奈川県歯科医師会 地域医療委員会 委員
・地域包括ケア推進委員会及び茅ヶ崎保健福祉事務所在宅医療推進協議会 委員
・茅ヶ崎市健康づくり推進委員会 委員
等を務める。
        



社会人OB講話の様子 
社会人OB講話2 社会人OB講話3

<参加生徒の感想>

  • サッカー部に所属して関東大会にまで行くような人が勉強できていたのだから、自分もがんばらなければいけないなと思った。
  • 栂野さんの先輩のエピソードを聞いて、僕も試合に出られなくても日々一生懸命練習に取り組みたいと思った。
  • 高校に入ってから日々忙しく感じていたが、とりあえず自分の部屋に行って机に向かうことを意識してみようと思った。「高校は3年間しかない」という言葉が印象に残った。1日1日を大切にしていこうと思う。
  • 最近、勉強に対するモチベーションがなくなって困っていたが、今日のお話を聞いてやる気がでてきた。
  • 自分はどちらかというと、部活動よりも勉強を頑張りたいと思っていたが、今回のお話を聞いて、部活動にも良いところがたくさんあると気づかせてもらった。両立できるよう頑張る。
  • 高校で体験することすべてが自分の財産になるんだと思った。夢を叶えることも大切だけど、夢を叶えるために全力で取り組む過程こそが素晴らしいんだなと思った。
  • 自分がやりたいことと、できることをしっかりと見極めて進路を考えることが大切だということが改めてわかった。
  • まだ自分が文系か理系かもはっきりしていないが、自分にどんな適性があるのか今のうちに探しておくことも大切だと思った。そのために、高校生活を通していろいろなことにチャレンジしていきたい。
  • 高校生になってから将来のことを考えるようになり、悩んでばかりで何のために勉強しているのかわからなくなっていた。今回のお話で、これから夢の選択肢を広げられるよう、頑張っていこうと思えた。
  • 高校生活に慣れて余裕が出てきたところに、今回の講演だったので、気を引き締め直すいい機会になった。
  • 私も医療などの「人の役に立つような仕事」をしてみたいと思っているので、これからいろいろな職業についての情報を集めて考えていこうと思った。でも、部活動も3年生まできちんとやり遂げたいので、両立できるようがんばりたい。
  • 先輩が、高校時代の思い出をとても楽しそうに話されていたのが印象的だった。それほど人生の中で大きな意味のある3年間なのだなと思い、自分も1日1日を大切に過ごそうと思った。

※茅ヶ崎北陵高校卒業生の方へ
茅ヶ崎北陵高校では社会人OB講話の講師を探しています。
ご興味、ご関心のある方は茅ヶ崎北陵高校キャリアガイダンスグループまでご連絡下さい。

▲このページの上に戻る

■ 大学生OB講話 ■

平成28年6月2日
 茅ケ崎北陵高校出身の教育実習生5名と英語科の新採用の教員1名が2・3年生を対象にOB講話を行いました。主な内容は、在学時の進路決定の方法や大学受験に向けた勉強法、大学入学後の生活や就職活動についてなどです。高校生の時から具体的な夢が決まっていた人、やりたいことを見つけるために大学・学部選びを工夫した人など、それぞれの経験から後輩たちに伝えたいことを語ってくれました。
 時に笑いが起こる和やかな雰囲気の中、生徒たちは身近な先輩"からの話に真剣に耳を傾けていました。「部活や行事など、今しかできないことに全力で取り組もう」「学業は日々の積み重ねと切り替えが大事」。学業も部活動も学校行事も頑張った先輩たちからのアドバイスは、生徒たちの心に残るものになったと思います。終了後には「進路について考える良い機会になった」などの声が聞かれました。

<参加生徒の感想>

  • 私も第一希望を国公立にしているので、受験勉強のしかたはとても参考になりました。数Vを使うのはその大学だけなので、もし受けない時に無駄になるか少し不安がありましたが、UBの方にも役立つので、ちゃんとやった方がいいと聞いて安心したし、しっかり数Vをやろうと思います。大学に入ってから何をしたいのか、しっかり目的を持っていかないとお金と時間が無駄になってしまうので、良く考えようと思います。
  • 今、部活と勉強の両立で少し悩みがあるが、先生たちも部活を100%でやって、それで受験勉強も頑張っていた。励みになったし、自分も疲れたとか、面倒くさいとか思わないで、部活も勉強も行事も全てに全力で取り組もうと思った。
  • 大学へ行くのには、やりたいことを見つけて下調べをしっかりしないといけないと思ったし、大学へ行っても遊んでばかりではいけないと思った。体育祭があるから自分も勉強のことは不安だったが、話を聞いて両方がんばらなければと思った。
大学生OB講話の様子

▲このページの上に戻る

■ 大学出張講義 ■

平成28年10月13日(木)
 
 1・2年生が外国文学・外国語学や国際関係学、経済学、経営・商学、心理学、理学、工学など20の教室に分かれて、大学の先生による講義を受講しました。日頃なかなか接することのできない、高度な専門知識や最先端の研究に触れ、生徒は大いに刺激を受けたと思います。生徒からは、「視野が広がった」「自分の進路について考えるきっかけになった」などの声が聞かれました。

     
講義分野と講師の方の大学
日本文学東洋大学
外国文学・外国語学中央大学
国際関係青山学院大学
経済上智大学
経営・商明治大学
早稲田大学
教育(小・中・高校教員)横浜国立大学
児童・保育・幼児教育鎌倉女子大学/短期大学部
心理法政大学
理(数・物理学)東京理科大学
工(電気・電子・通信・情報)明治大学
工(機械・建築・土木)法政大学
東京薬科大学
看護横浜市立大学
リハビリ・医療技術北里大学
農学・環境・理(生物・バイオ)日本大学生物資源科学部/日本大学短期大学部(湘南校舎)
家政(食物・栄養・管理栄養)鎌倉女子大学/短期大学部
美術・造形・デザイン・映像東京家政大学
音楽洗足学園音楽大学
総合文化政策青山学院大学

 

<参加生徒の感想>

  • 〜経営・商学の講義を聴いて〜経済には意思決定が必要で物を取引、交換することで人を豊かにし、そうすることによって人々は幸せになる。そういった経済のしくみがおもしろいと思った。
  • 〜心理の講義を聴いて〜子どものふしぎな行動はいろいろな心理が働いていること、プレイセラピーで子どもの性格が外交的になったりすることがよくわかり、臨床心理士の仕事は「人のために活躍する素敵な仕事だなぁ」と将来の参考になりました。
  • 〜外国文学・外国語学〜フランス語は発音が英語と違い難しかった。しかし言葉以上に文化(ジェスチャーなども)が違っていてとても面白かった。文化の違いについての難しさと面白さがわかったので、もっと他国の文化も勉強してみたい!
  • 〜法学の講義を聴いて〜聴いていてとても興味深かったです。生命と生命がぶつかる場面、生きるか死ぬかの状況でとった行動が法に触れるかどうか、これは究極に難しい問題だと思います。
  • 〜看護の講義を聴いて〜看護は私達がしてあげるものだと思っていたが、講義やナイチンゲールについて学んで「看護」ということの本当の意味を知れた。ナイチンゲールの科学的な側面というのが今の看護の考え方、病院のあり方につながっていると知りすごいと思ったし、その時代に科学的なデータを積み上げて実績を残したことは女性として偉大だった。ますます看護の道に進みたいと思いました。
 
大学出張講義の様子



■ 大学等説明会(2年生対象) ■

平成28年11月24日(木) 

 各大学から入試担当者をお招きして、2年生対象の説明会を行いました。1人2大学に参加し、各大学の特徴や学部・学科、カリキュラム、就職、施設・設備等について詳しく伺うことができました。また、生徒からは「大学で何を学ぶかについて具体的なイメージが持てた」「受験勉強に取り組む意識が高まった」等の声が聞かれました。

参加大学(全13大学)
山学院大学  鎌倉女子大学/短期大学  北里大学  首都大学東京  
上智大学  中央大学  東京理科大学  日本女子大学  法政大学  
明治大学  横浜国立大学  横浜市立大学  立教大学  早稲田大学

<参加生徒の感想>

  • 一つの大学で多くの分野の勉強ができると思った。
  • 他の大学の授業を受けることもできるのが良いと思った。
  • 英語がとても重要だと感じた。過去問で練習してみたいと思った。
  • 留学先が多く、良い環境だと思った。
  • マスコミの就職率が良いことに魅力を感じた。
  • いろいろな学部の説明を聞き、どの学部が自分に合うかをもっと慎重に考えたいと思った。
  • 大学独自のシステムが多くて良いと思った。
  • 奨学金の制度が積極的に利用されているのは良いと思った。
  • 自由な校風で良いと思った。国際交流が盛んで楽しそうだと思った。
  • 入試制度について知らなかったことを説明してもらって良かった。


  • 大学等説明会の様子